ガーリックスープ @岸辺のふたり

岸辺のふたり Father and Daughter

2000年 イギリス、オランダ

監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

 

傑作です。本当に素晴らしい。

 

短い作品の中に、人生をぎゅっと詰めて魅せる作家さんは、アニメーションの世界にしかいないものかしらねぇ…と思ってしまいます。

この作品はそのまま絵本にもなりました。日本では内田也哉子さんが「うちだややこ」のお名前でステキな翻訳をされています。

これを観て何でガーリックスープを思いついたのか自分でもよくわかりませんが、人生は複雑なようで実はシンプルで、時にスパイシーで、じっくり火を入れれば甘みにも変わるような。。。なんかそんなイメージだったのでしょう。

 

【ガーリックスープ】

■材料(2人分)
バター…15g
にんにく…6片
小麦粉…小さじ2
チキンブイヨン…600cc
白ワイン…40cc
塩…小さじ2
こしょう…少々
タイム…少々

 

■ 作り方
1:にんにくは芽を取りのぞいてスライスする。

2:鍋にバターを半分入れ、にんにくを弱火できつね色になるまでじっくり炒める。

3:別の鍋に、残りのバターを入れ、ふるいにかけた小麦粉を加えて弱火で炒め、チキンブイヨンで少しずつのばしてなめらかにする。

4:2に3をすこしずつ加えながら、さらに白ワインを加え、弱火で15分ほど煮込んで、塩、こしょう、タイムで味をととのえる。

 

良い映画や本は心を温めてくれますね。にんにくもまた然り(笑)
心も体も温めて、ずーーーーと元気でいたいものです。

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website