ラズベリーとみかんのX’masホットカクテル @ファーザー・クリスマス

ファーザー・クリスマス
1991年 イギリス
監督 デイヴ・アンウィン
『スノーマン』や『風が吹くとき』などで日本でもすっかりおなじみのレイモンド・ブリッグス。多くの素晴らしい絵本や漫画がありますが、アニメーションになった作品も数多く、この『ファーザー・クリスマス』もそのひとつです。

 

 

みーんなが大好きなサンタクロース。心優しいサンタさん。いつも笑顔で太っ腹…なハズが、「サンタクロースだって家の掃除もしなきゃいけないし、庭の手入れもあるし、動物の世話やらなんやらで忙しいんだよ!」と、このサンタさん、ちょっと愚痴っぽくて気むずかしそう。そして「今年こそはバカンスへ!」と、自慢のソリをキャンピングカーに改造して旅に出かけてしまいました。

パリのレストランで全てのメニューを平らげてお腹をこわし、スコットランドでスコッチを飲み過ぎて酔っぱらい、ラスベガスでリッチなホテルライフを満喫して…。サンタさんて、なんだか普通のオジさんっぽいなぁ〜と思えるところがこのお話の楽しいところですね。

家に帰ったら、そろそろクリスマスプレゼントの準備です。世界中のこども達からの手紙をチェックして、クマのぬいぐるみが201個、積木が1トン…って、すごい数!いっぱい遊んでいっぱい働く!

クリスマスイブの夜、サンタさんは世界中を回ってプレゼントを配り終わると、足は冷え冷え、お疲れさまでしたのベッドタイム。「これは毎年贈られてくるボブおじさんからのプレゼント」と言ってうれしそうに見せてくれるのはお酒です。そうか、サンタさんにもプレゼントが必要ですね。では、疲れた体を元気にしてくれる、ビタミンたっぷり、お酒も入ったホットカクテルをどうぞ!

サンタさん、来年もどうぞよろしく。

 
【ラズベリーとみかんのX’masホットカクテル】

 

■材料(2人分)
ラズベリー…120g
みかん…4〜6個
ラム酒…大さじ2
生クリーム…適量
ピスタチオ…4個

 
■作り方
1:みかんは皮をむいて、手で握りつぶすように絞る。(実が入ってもOK。大きな薄皮だけ残るカンジで。)ラズベリーも手でつぶす。

2:つぶしたみかん、ラズベリー、ラム酒を鍋に入れて一煮立ちさせる。

3:器に入れ、泡立てた生クリームと、砕いたピスタチオをトッピングする。

 
※ 果実の甘みだけで作ります(十分甘みがあります)。甘いのがお好みの方は砂糖やはちみつを加えても。

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website