こども(と自分)のはなし

3人の、それぞれ違った個性の子のハハとしましては、世間一般的な枠から外れても、元気で優しい子供はオモシロく、頼もしく思えます。

 

そして、枠から少しくらい飛び出すくらいじゃないと、未来につながる進化もないような気もします。

そこに伝統とか、しきたりとかが絡んでくると、事はそう簡単ではないのですが、本来、純粋でやんちゃな子供や大人は、魅力的でもあります。

そんなことを考えると、近年の世の中のいろんなことが少し残念なカンジがして、私は子供達と、それから自分自身を、あえて枠外に出そう出そうとしているような気がしています。

 

でも、シアワセは自分が感じることで、人が決めることじゃない。

 
写真は、私が皆様にお届けするスープを作っている場所のすぐ近く。日本の名水です。

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website