東條真千子のやさしい鍋スープ

このページへお越し下さった皆様へ。『東條真千子のやさしい鍋スープシリーズ』は、2019年パッケージも新たにさらに美味しく生まれ変わりました。こちらのページをご覧ください

新『東條真千子のやさしい鍋スープシリーズ』

東條真千子のオンラインスープショップ

※以下は記録のために残しておりますが、食品添加物を使用しないというコンセプトは2009年の発売当初より現在も変わっておりません。


食品添加物を一切使用しない、無添加・厳選素材にこだわった鍋スープです。
この鍋スープの水は、やさしい軟水、色度は1未満、濁度も0.1未満で、透明度が高い澄んだ水を使用しています。

この鍋スープは「おうちで作るスープが一番おいしい」「日本の食卓を大切にしたい」というコンセプトから、2009年に誕生し、多くの皆様にご利用いただいております。

瀬戸内海の「讃岐の塩」を使用した、あっさりとした塩鍋スープ。海老、タコなどの魚介にも、お肉にもよく合いますが、かぶ、ブロッコリー、キャベツなどの野菜だけの鍋でもおいしく召し上がれます。カロリーを押さえたい野菜鍋料理には最適です。隠し味は、しょうがとにんにく。食力を増進しながら、体の中からじわじわと温まります。

【調理例】アンコウ塩鍋

トマト鍋、実は5種類の野菜を使って作りました。トマト、たまねぎ、にんじん、セロリ、にんにく。野菜の旨味をかけ合わせ、細かくつぶしたトマトもたっぷり入っています。野菜の、野菜による、野菜のためのトマト鍋スープ。いろんな野菜を加えた「サラダ鍋」はいかがでしょう。隠し味はかつおだし。レンコンやごぼうなどの和風野菜もよく合います。

【調理例】親ガニのトマト鍋

飽きのこない味噌鍋スープは、米と麦を使った成熟赤味噌が味の決め手。白菜、キャベツ、ニンジン、ねぎ、豆、セロリなどの野菜、えび、蛤、ホタテ、タコなどの魚貝を加えるとさらにお互いの旨味を引き出します。隠し味は、ごまと甜麺醤(てんめんじゃん)。お味噌汁にはない風味とコクが自慢です。

【調理例】海鮮キムチ味噌鍋

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website