10冊目の本づくり、はじめました。

ちょうど9ヶ月ほど前、「10冊目の本を作ります」宣言しましたが、出版社さんからのお話ではなく自分で本を作ろうと思い立ち、いろんなことを考えて考えてあちらこちらとお話をして、ようやくスタートしました。理由は、遺言書を作ろうと思ったからです。

 

まぁまだあちらに行く予定は今のところないのですが、いつ何が起きるかわからず。そして私には子供たちに遺すものはなにもないので、いままでパラパラと作ってきたスープレシピで自分が特に好きなもの、子供達が好きだったものをまとめて1冊にしておけば見やすいだろう、と思ったわけです。

 

しかし、3人の子供たちに1冊ずつ渡すなら3冊でよいわけで、3冊の印刷ってどんだけコスト高よ!?…みたいなところから始まり、

 

自分が遺すのはレシピだけでいいのか?レシピならクックパッドにいっぱいのってるぞ!…となり、

 

私はまだまだ、世の中の子供たちの健康を守るミッションがあるじゃないか!…と思い直し、

 

子供たちの健康は家庭の食事から、という当たり前のところに戻り、

 

子供と、お母さん(もちろんお父さんでもおじいちゃんおばあちゃんでも、とにかく子供を守る役目の大人)の”セット”に、スープレシピと、自分の思いと考えを遺そうという結論に達しました。

 

そこで、子供と大人が一緒に見て、これが食べたいね、とか、今度作ろうね、とか話をしてもらえるような、そして、私自身が全国の小学校や親子スープ教室などを回るときの教科書になるような、そんな本を作ろうと思っています。

 

遺言書を作るつもりが、この先の人生の夢を作る作業に変わってますね。しあわせなことです。

 

しばらくの間、台割(本の設計図のようなもの)を作ったり、印刷会社さんに見積りを取ったりを繰り返してきましたが、先日ようやく撮影にとりかかりました。

 

この話はまたおいおい、ご報告させてください。

 

いつ完成するか、わかりませんけど。(笑)

 

本日の写真は、チリソースなどを入れないバージョンの”ガスパチョ”。

大好きな赤、赤、赤のスタイリングがやっとできました!

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website