春キャベツとアサリのマンハッタンクラムチャウダー/日本海新聞

おはようございます。本日の日本海新聞、連載「とっとり/LA スープ通信」に掲載いただきましたスープは、旬の食材を使ったマンハッタンクラムチャウダー。LA通信なのになぜマンハッタン?という細かいツッコミはナシにして(ちなみにLAにもマンハッタンと名の付く地名も有り)、春のスープレシピをどうぞ!


春キャベツとアサリのマンハッタンクラムチャウダー


材料(4人分)
〔だし〕
干し椎茸…2枚
水…500cc

アサリ…300g
酒…大さじ1

たまねぎ…1/2個(100g)
セロリ…1/2本(50g)
にんじん…1/2本(70g)
じゃがいも…1個(120g)
キャベツ…3枚(140g)
トマト(大)…1個(200g)
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ1
塩…小さじ1/2
こしょう…少々
ドライバジル…少々
パセリ(あれば)…少々

作り方
※ 下準備…干し椎茸を水につけて冷蔵庫で一晩置く。(鳥取には15分で戻る干し椎茸もあります!)

干し椎茸は水で戻したら石付きを取って、他の野菜同様1cm角に切ります。椎茸の戻し汁はダシとして使います(右上)。アサリの蒸し汁も捨てないでね。

1: アサリはよく洗ってから鍋に入れ、酒を加えてフタをし、強火にかける。貝が開いたら火を止めて、汁ごとボウルに移しておく。

2:にんにくはみじん切り、キャベツは3cm角、その他の野菜と戻した椎茸は全て1cm角に切る。

3:フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら、たまねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、キャベツ、椎茸、トマト、ドライバジルの順に入れて炒める。

4:鍋に椎茸の戻し汁とアサリの煮汁を加え、ふたをして弱めの中火で15分ほど加熱する。

5:野菜がやわらかくなったら塩、こしょうで味をととのえ、アサリを入れて一煮立ちしたら火を止める。お好みでパセリのみじん切りを散らす。


さて、日本は桜が満開の季節であちこち本当に美しいですね。

鳥取には桜の名所がたくさんありますが、木の枝がすごく低い所から横に伸びているのが都会と違うところ。誰も桜の枝を折ったりしないで楽しむのです。

これもそろそろ見納め。もう一仕事してLAに戻ります。

今回は思いがけず懐かしい人に再会する奇跡が立て続けにあり、すべてのことが繋がって今があるということを本当に感じました。改めて感謝です。

ここに記さないといけないことがたくさんあるんだけど、なんだか全然追いついてないので、事後報告になりますがまた追い追い書いていきます。

みなさま、今日もどうぞよい一日を!


Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website