出版記念親子スープ教室2@米子でしたー!

もう1週間前のお話で恐縮ですが、鳥取県西部にある米子市でも出版記念の親子スープ教室を開催させていただきました。今回は『猛者エビのビスク』。猛者エビって知ってます!?地元の人以外はご存知ないかもですが、めちゃめちゃ甘くておいしい山陰のエビです。

どっさり猛者エビ!お腹に緑色の卵をたくさん抱えております。
これ、お刺身で食べてもすごーくおいしい!
でも今日はスープになってちょうだいね。

水揚げ時はとっても綺麗なサーモンピンク色のエビなんですが、時間が経つと黒ずんでしまうので県外の市場には出回らないのだそうです。

こんなおいしい食材がフツーに食べられて、この子たちは本当に幸せですね。

さて今回のスープレシピ。新刊『子どもと楽しむ季節のスープ あついスープはあついうちに、つめたいスープはつめたいうちに』の中にある、エビのビスクの地元バージョン。

エビの殻でダシを取るポイントが書いてあります。
さて、できるかなー!?

まずは猛者エビの殻むき。

きゃー!ぬるぬるするー!気持ちわるーい!
じゃやめる?
やるー!

わいのわいの、きゃーのきゃーのでカワイイ雄叫びが上がりつつ。次は野菜切り。

みんな上手なんです。
お手伝いしてる?
ううん。
でも、お母さんのこと、ちゃんと見てるんですね。

そのあとはどんどん作る!

エビの殻を炒めて煮込んでダシを取ります。いいにおーい!がしてきましたよ。

で、その間の写真がなく、完成写真も撮り忘れ…お腹が空いてガツガツ食べる。

全部食べたよ!と見せにきてくれました。

というわけで、いきなり終わってしまいましたが、みんな本当によく食べてくれました。だってみんなが作ったんだもんね!

先に帰っちゃったお友達がいましたが、最後に記念写真。ぼくは写真に写るのが嫌いなんだよーってこっち向いてくれなかった男の子も、知らないおばちゃんに抱っこされるのはOK.

そんなわけで、今回も楽しい親子スープ教室はあっという間に終わってしまったのでした。

最初は知らない同士の子供たちもすっかり仲良しになり、最後に”パプリカダンス”を披露してくれました。かわいーわー!!!!

この子たちもすぐに大きくなっていきます。でも小さな時に出来たことは自信になって「やれる」という気持ちで向かって行けます。そんな経験を、たくさんの子供たちにしてほしいと思います。

食べ物は大事。だって、私たちの体は食べたものでできてるんだよ。

と、本の中でもくまポフのお母さんが言ってます。

どうぞ、子供たちと一緒にご覧になってください。

『子どもと楽しむ季節のスープ 〜あついスープはあついうちに、つめたいスープはつめたいうちに〜』

さて、明日は発売記念のトーク&サイン会を米子SHIMATORI店にて開催します。本のレシピの中からスープを2品ご用意致しますよ!ぜひお越しくださいませ!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website