里芋入りチキンヌードルスープ@日本海新聞

本日、日本海新聞に連載中のスープレシピが掲載されました。アメリカのお母さんの味(というよりキャンベルスープの味だと思うが。。。)”チキンヌードルスープ”のアレンジ版、”里芋入りチキンヌードルスープ”です。レシピをどうぞ!


里芋入りチキンヌードルスープ

材料(5〜6人分)

〔塩鶏〕
鶏むね肉…1枚(300g)
塩…大さじ1(肉の5%)
砂糖…小さじ2

たまねぎ…1個(200g)
にんじん…1本(100g)
セロリ…1本(70g)
里芋…2個(130g)
にんにく…1片
乾燥パスタ(ショートまたはロング)…60g
水…900cc
オリーブオイル…小さじ2
ベイリーフ…1枚
塩、こしょう…少々
パセリのみじん切り…適量

作り方

*下準備…塩鶏を仕込む。
鶏むね肉にフォークを数カ所刺してから砂糖、塩を揉み込む。ぴっちりラップして冷蔵庫で1〜2日置く。

1:にんにくはみじん切り、その他の野菜は全て食べやすい大きさに切る。

2:鍋にオリーブオイルを入れて強火にかけ、仕込んでおいた塩鶏を両面さっと焼き色がつく程度に焼いて取り出す。

3:中火にして、玉ねぎ、にんにく、にんじん、セロリの順に炒めながら加える。

4:野菜がしんなりしたら水を加え、焼いた塩鶏、ベイリーフを入れてフタをする。

5:沸騰したら弱火にして10分煮込み、塩鶏を取り出して、里芋とパスタ(ショートパスタはそのまま、ロングパスタは4cm程度の長さに折って)を入れてさらに10分煮る。その間に塩鶏を角切りにし、鍋に戻す。

6:味をみて塩、こしょうで味をととのえ、器に盛ってパセリのみじん切りを散らす。


里芋って、洗って濡れたまま皮をむくとぬめりが出るって知ってました?あらかじめ洗って表面を乾かした状態でむくとヌルヌルしません。

そして、ぬめりも粘膜を守る大事な栄養素ですから、下ゆでなどしないでそのまま使います。適度なとろみもついて一石二鳥なのです!

自家製塩鶏。加熱するとパサつきがちな胸肉も、しっとり柔らかくなりますし、何より良い味、良い出汁が出ます。

砂糖を揉み込むのは甘みを付けるためでなく、保湿のため。この下準備の一手間(大した手間ではないので)、ぜひ試してみてください!おおおおーーーーーっっお料理上手自分!って思いますよ。笑

さて、この新聞の連載も残すところあと1回。12月最後は何のスープにしようかなぁ〜?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website