商品開発その1−3種のポタージュ

日本はそろそろ御盆休みですが、一年中お休みのない私の頭の中はスープでいっぱいです。暑そうですね。そして1年がかりの商品開発が、ようやく完成しそうなのでご報告。その1です。(とゆーことはその2もあります。w)

その昔、いろんな化学調味料無添加スープを商品化して、冷凍もあればレトルトもありました。それぞれ良し悪しがあって、冷凍は食材を間違えなければ美味しいけれど、冷凍保管、冷凍物流費がかかってコストが高くつく。レトルトは、常温で置いておけるので便利な反面、通常ではあり得ない高熱高圧を加えて殺菌するので(だから常温で置いておける)、やはり味は落ちるわけです。

それでもう二度と、完成品としてのスープは商品として作るのはやめよう、と思いました。日本を離れる10年前のことです。

ところがアメリカに渡った直後、東日本大震災があり、その後この10年の間、日本はなんと災害の多いことか。

遠い国からは義援金を送ることしか出来ず、他に自分にできることはないのかとずっと思ってきましたが、スープを作ること以外何も思い浮かびませんでした。

「お家で作るスープがいちばんおいしい」という思いは変わりませんが、災害時は違います。常温で常備できて、水がなくても火がなくても開封すればそのまま食べられるスープは、完成品としてのレトルトスープ以外になく、不足する野菜をたくさん使ったポタージュを作ろうと思ったのがきっかけで、ようやく1年前から商品化に向けて開発を始めました。

前置きが長くなってしまいましたが、そんな経緯で、コロナで色々中断もしながらでしたが、ようやく完成が見えてきましたのでご報告です。

いちばん上の写真はスタート時点の試作。一発NG後、どうしたらおいしくなるか考え続けたこの1年。これは昨日よーやく最終OKとなったスープ。長い道のりでした。。。

− 常温でも、温めても、冷やしてもおいしい、3種のポタージュ −

●かぼちゃ、マンゴー、二十世紀梨 3種のポタージュ
●コーン、玉ねぎ、りんご 3種のポタージュ
●じゃがいも、きのこ、ごぼう 3種のポタージュ

今はパッケージデザインも最終段階ですので、完成したらアップしますね!どうぞお楽しみに!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website