ニューイングランド•クラムチャウダー@日本海新聞

日本海新聞で連載中のスープレシピ、11月は『ニューイングランド•クラムチャウダー』。アメリカ東海岸のボストンの名物料理をご紹介します。だんだん寒くなってきましたからね、クラムチャウダーはほんと、あたたまります。レシピをどうぞ!


ニューイングランド•クラムチャウダー


材料(5〜6人分)

アサリ …500g

じゃがいも …2個(450g)

玉ねぎ…1個(280g)

エリンギ…2本(100g)

にんじん…1本(100g)

ベーコン…2枚(70g)

セロリ…1/2本(40g)

にんにく…2片(10g)

生クリーム…100g

小麦粉…大さじ2

オリーブオイル…大さじ1

塩…小さじ1

こしょう…少々

パセリ、タラゴン(あれば)…少々

〔水出し昆布だし〕

水 …600cc

だし昆布…10cmを2枚

作り方

*前準備…だし昆布を水に浸けて冷蔵庫で一晩置く。アサリは砂抜きしておく。

1:玉ねぎ、エリンギ、ベーコンは1.5cm角、じゃがいもは2cm角に切る。にんじんはいちょう切り、セロリは薄切り、にんにくはみじん切りにする。

2:鍋に水出しの昆布だし(昆布ごと)と、よく洗ったアサリを入れて強火にかける。沸騰する直前に昆布を取り出し、アサリが開いたら火を止める。貝を別皿に取り出し、だしはキッチンペーパーなどで濾しておく。

3:別鍋にオリーブオイル、にんにく、ベーコンを入れて中火で炒め、にんにくの香りが立ってきたら、玉ねぎ、セロリ、にんじん、エリンギの順にそれぞれよく炒めながら加える。

4:野菜がしんなりしたら小麦粉を少しずつ加えて炒め、もったりしてきたら2のだしを入れる。(底に小麦粉がくっついていたらヘラなどでこそげ取る) じゃがいもを入れてフタをし、弱火で15分ほど煮る。

5:殻から外したアサリ、生クリーム、塩、こしょう、あればパセリやタラゴンを加えて味をととのえる。


さて、このレシピ、日本で作っていただけるように書いてますが、アメリカ人が作るとちょっと違うんですね。もちろん昆布だしも使いませんし。そのあたりのところを次のブログで写真を多用して書こうと思いますので、そちらもぜひ読んでくださいねー!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website