ブイヤベース

海のそばで生まれ育ったせいか、とにかく魚介類が大好きで、毎日メインがお寿司やお刺身の生活だったらどれだけ幸せかと思うのですが、魚介のスープもこれまたよいダシが出て最高ですね。世界三大スープ、いろんな一位説がありますが、私はブイヤベースに一票です。というわけで、なかなか面倒で家では作れないブイヤベースを、今回はいとも簡単に。笑


ブイヤベース


材料(4人分)
鍋・スープのもと…1袋
あさり…12粒(殻付き500g)
〔*〕水100cc+白ワイン50cc
海老…8尾(250g)
タラ切り身…1切(250g)
トマト…2個
玉ねぎ…1/2個
セロリ…1/2本
じゃがいも…1個
水…350cc
オリーブオイル…小さじ2 x 2回
サフラン…2つまみ
塩…小さじ1/4程度
こしょう…少々

作り方
1:タラは一口大に切って、軽く塩こしょう(分量外)しておく。海老は背中の殻をキッチンはさみで切って背わたを取る(殻は良いだしが出るので外さないで)。あさりはよく洗っておく。

2:トマト、玉ねぎ、セロリは1cm角、じゃがいもは少し大きめの一口大に切る。

3:鍋にオリーブオイル小さじ2を入れて強火で熱し、タラと海老の両面をさっと焼いたら、あさりと〔*〕の水、白ワインを加えてフタをする。あさりの殻が開いたら火を止めて、汁と具を分けて取り出しておく。

4:同じ鍋にオリーブオイル小さじ2を入れて中火で熱し、玉ねぎ、セロリ、トマトの順に加えてよく炒め、しんなりしてきたらじゃがいもを加えてさっと混ぜ合わせる。

5:水、鍋・スープのもと、3の魚介の汁、サフランを入れてフタをし、弱火で20分煮る。(じゃがいもが柔らかくなればOK)

6:魚介を鍋に戻し、塩、こしょうで味をととのえる。皿に盛り、お好みでパセリのみじん切りや*ルイユを添えて。

*ルイユ
ブイヤベースの魚介につけて食べるソースです。オリーブオイルを少しずつ加えながらよく混ぜ合わせます。

〔材料〕
にんにく(すりおろし)…1片分
サフラン…ひとつまみ(スプーンの背などで細かく潰す)
塩…ひとつまみ
カイエンペパー(粉唐辛子)…少々
オリーブオイル…大さじ2弱


焼あごと牡蠣の鍋•スープのもと/5袋入り

すべて国産原料、自然素材のあご(とびうお)、牡蠣、昆布、しいたけ、しょうが、にんにくのみを粉末状にしてブレンドした鍋•スープのもと。化学調味料、酵母エキスといった人工的な旨味を使わず、自然素材の組み合わせだけで作りました。ご家庭ごとの味に仕上げていただくために食塩は使用しておりません。鍋、スープ、お味噌汁はもちろん、煮物、炒め物、炊き込みご飯など、毎日のお料理の旨味としても幅広くご利用いただけます。

*1袋あたりの内容量:20g(5袋入り)

*1袋で約2〜3人分のお料理にご利用いただけます。

¥734 税込 / 送料無料

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website