長〜いくるくるパスタのポルチーニクリームソース

長〜いくるくるパスタ!?ってなに!?と思いますでしょ?私も調べるまで知りませんでしたが、よくサラダなんかに使うFUSILLIというくるくるしたショートパスタのロングバージョンが、LONG FUSILLIというそのまんまな名前であるのです。これがまた、見た目『小池さんのラーメン』じゃないですか!?(オバケのQちゃん、古すぎ!?)

アメリカには、日本食品のスーパーマーケットはもちろん、メキシカンマーケット、コリアンマーケット、チャイニーズマーケット、タイマーケット、中東系のマーケット、などなど色々あって楽しいのですが、やっぱり大好きイタリアンマーケット!で見つけました。

なんとこの細いくるくるパスタの中は空洞なんだそうで、あーそうやって早く茹で上がるようにできてるのか〜〜!と思ったら茹で時間十数分かかるし…なんか別の理由があるんでしょうね。

このメーカーのサイトを調べてみましたら、有名なトマト缶の会社でした!

https://www.cento.com

そしてこのパスタ、LONG FUSILLIのリンクはこちら

https://www.cento.com/product-categories/anna.php#7079633108

そして長いくるくるパスタ〜と思って開封したらさらに長く、パッケージの中で往復してました。長すぎやろ〜!

パスタの一覧表もめっちゃ楽しいのでご覧ください。

https://www.cento.com/brands/anna/pasta-cook-times.php

なんの写真だかわかりづらいですが…パスタソースの仕上げ一歩手前、生クリームとパルメザンチーズを入れたところ。

まぁせっかくパスタがくるくるしてるので、たまにはクリーム系のソースにしましょうと思って作ったのがこちら。お友達からイタリア土産でいただいた乾燥ポルチーニを戻して、マッシュルームもどっさり使いました。ポルチーニの戻し汁の香りがすごく強くて良い”だし”になります。適当に作ったのでレシピ用に計量してませんが、簡単に材料と手順だけ書いておきます。


ポルチーニのクリームパスタ


1:乾燥ポルチーニを水で戻す。(戻し汁も使います)

2:鍋にオリーブオイルとにんにく(みじん切り)を入れて炒め、玉ねぎ(みじん切り)、マッシュルーム(1/4にカット)、戻したポルチーニ(適当にカット)の順に炒めます。塩、こしょうで味付けします。

3:ポルチーニの戻し汁を入れて煮ます。沸騰したら火を弱めて生クリームとパルメザンチーズを投入。味をみて塩を加えて調整してください。お好みでチリペパーも少々。

4:塩茹でしたパスタにオリーブオイルかバターを絡め、ソースをかけます。(写真は食べる前に追いチーズとパセリをふってます)


パスタはしっかり茹でた割には中身が空洞とは思えない歯ごたえがあり、そして形がカタチなので、なんだかアメリカンなマカロニ&チーズを食べているような感覚もあり(長いけど)、とても美味しく面白くいただきました。

もう一つ見つけた、めずらしいイタリアンパスタもゲットしたので、それもまた別の機会にご紹介します〜!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website