ストローみたいなパスタのラザニア

以前”小池さんのラーメンみたいなパスタ”=LONG FUSILLIをご紹介しましたが、今回は”ストローみたいなパスタ”のラザニアをご紹介します。本当の名前はLONG ZITIと言います。どうみてもタピオカドリンクのでっかいストローですよねー。

TVで料理番組を見ていたら、アメリカ人のシェフがマカロニ(普通の短いやつ)でラザニアを作っていて、「イタリアじゃー長〜い穴開きパスタで作るんだけど、アメリカには無いから…」と言っていたので、「いや、あるよ!」と思い出してイタリアンスーパーマーケットでゲットしてきました。

ほんとに丸丸○○

これ何がいいって、ラザニアの切り口が丸丸○○でとってもかわいい!なんか写真があまり上手く撮れてませんが、今回は無駄に多い画像でお伝えいたしましょう!w

長い。。。。

この長いストローを茹でても簡単にシナりそうにないので(そんな大きな寸胴鍋を登場させるのも面倒だし)、茹でないで牛乳に漬けてみることにしました。いつもベシャメルソースを使わないラザニアにするので、ここで牛乳足しとくのはグッドアイデアかと。

普段平たいラザニアパスタも茹でません。焼いてる間にソースの水分で柔らかくなるので。でもかと言って平たいラザニアパスタを水に浸けて放置すると全部くっついてしまうのでご注意ください。(昔水に浸けてたのを1時間忘れてて団子にしてしまったことがあるワタクシ)

そんなわけで、このストローパスタも少量の牛乳に30分ほど浸けましたが、忘れずに時々かき混ぜる。ある程度表面がふやけてきたらオリーブオイルもちょっと足す。そしてその間にミートソースを作ります。ここは省略。

一番下はミートソース。次にストローパスタを横一列に。

あとは重ねていくだけですが、この横一列のストローパスタのビジュアルになんかワクワク!テンション上がります。子供かっ!?

そしてまたミートソース。玉ねぎ、にんじん、セロリ、マッシュルーム、トマト、オリーブ、ニンニク…野菜がたっぷり入ってます。

で、この白いのはカッテージチーズ。これ大事です。これ入れないとなんかうちの味にならない。

で、シュレッドのモッツアレラチーズ。塊のモッツアレラをスライスして乗せることが多いですが、この日はなかったので。。。

あとはこのレイヤーを繰り返してオーブンに突っ込むだけ。

できた〜!
切ってみましたが、焼きたてだから崩れる崩れる!

これでおしまい。

この丸丸○○マルマルの断面が見たいがために作りましたが、楽しかったので、また次回のラザニアもこのタピオカドリンクストローパスタ(勝手に名前をつけてはいけません)で。あ、味も良かったです!なんかパスタが立体的で食べ応えがありましたよ!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website