紫キャベツのポタージュっぽいスープ

っっっっぽい、ってんなんだよ!?とお思いでしょうが、ちょっと名付けに迷いがあった表れでございます。すごーく簡単なスープなんですが、なんだか深い味わいがあります。食べたことあります?紫キャベツのスープ。これは野菜の味が深いからなんでしょうね。久しぶりにレシピ化しました。(本業なのに。。。)

千切りよりは全然太い1cm弱切り。

それにしても紫キャベツの断面ってアート的。この色のせいもありますよね、1枚の葉っぱの中は真っ白で、その上下面がこのショッキングパーポーって、自然界の色調バランスは一体どうなってるんでしょうね!?ほんと美しいの一言です。

これを、ザクザクとこんな感じに切ります。千切りよりは太いです。紫キャベツって、なぜか普通のキャベツより固いので(この色の三層構造のせいで頑丈なのではなかろうか?)、芯の太い部分だけちょい薄く切ってもよろしいかと思います。

そしてこのスープには、わりかし多めのにんにくとオリーブオイルを使います。シンプルなスープなので、ここ、結構重要です。

では、以下レシピ。


紫キャベツのポタージュっぽいスープ


材料(5〜6人分)

紫キャベツ…1/2個(500gくらい)

にんにく…3片

チキンブイヨン…1リットル

オリーブオイル…大さじ1半

白ワイン…大さじ1

塩…小さじ1程度(お好みで)

こしょう…適量

作り方

1:紫キャベツをざく切りにする。にんにくは粗いみじん切り。

2:鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて中火にかけて炒め、香りが立ってきたら紫キャベツを入れて炒める。

とても丈夫な紫キャベツなので、なかなか炒まった感じになりませんがご心配なく。そのうちくたーっとなってかさが減ってきます。

3:紫キャベツがしんなりしてきたら白ワインを入れてさらに炒め、チキンブイヨンを入れる。

少し褪色してきました。でもキレイなスープになりますからね!

4:ふたをして、沸騰したら弱火にして、20〜30分コトコト煮込む。

5:紫キャベツが柔らかくなったらいったん火を止め、鍋にハンドミキサーを入れて、軽ーく砕くように攪拌する。←ここポイント。ミキサーにかけすぎないように、うじゃうじゃっと葉っぱが残る感じに。

これで出来上がり!

写真のトッピングはマスカルポーネチーズと黒こしょうを使っていますが、生クリームでも良いですし、なくても良いです。


というわけで。。。

ポタージュっっっっぽい、というのは、完全なポタージュではないからなんですねー。ここでネーミングの気の迷いが。。。笑

紫キャベツって、甘くて苦くて香りが強くて芯も強くて美しい、そんな野菜です。

そんな人間になりたいもんですなー。hahaha

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website