ソパ・デ・アホ/にんにくとパンのスープ

Sopa de Ajo と書きます。スペインのスープなのでスペイン語です。Ajoはにんにくのことで、「アホ」と読むので、日本でも「アホスープ」と書かれて笑われますが、本当に簡単でおいしいスープです。

しょっぱなから脱線しますが、スペイン語では「jo」を「ホ」と発音するので、私の苗字を「トーホー」と読むヒスパニック系の人(スペイン語圏出身の人)が結構います。ま、それはそれとして。

え?こんだけ?っていう感じの材料w
チキンブイヨンは基本自家製ですが、アメリカにはこんな便利なオーガニック商品もあって常備しています。日本にも手軽に買える食品添加物のないチキンブイヨンがあるといいのにね。

ソパ・デ・アホ/にんにくとパンのスープ


材料(4人分)
にんにく… 6片(50g)
バゲット…60g
パプリカパウダー…大さじ1
白ワイン…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1
チキンブイヨン…500cc
卵…1個
塩…小さじ1弱
こしょう…適量
 
作り方
1:にんにくは千切り、バゲットは1.5cm角程度に切る。鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ってきたらバゲットを入れてさっと炒める。

この時点でめちゃめちゃいい香りが。。。お口の中で食べる準備が始まります。


2:パプリカパウダーを入れて炒め、白ワインを入れて鍋にこびり付いたにんにくやパプリカパウダーをヘラでこそげ取ってからチキンブイヨンを入れる。

このパプリカパウダー、大事です。こんな色ですが、全く辛くありません。赤パプリカですから。

チキンブイヨンを入れて沸騰したら溶き卵。丸のままポーチドエッグにしてもおいしいですが、私は溶き卵の方が好きです。


 
3:沸騰したら塩、こしょうで味をととのえ、溶き卵を加えてひと混ぜしたら火を止める。パセリ、ねぎ、貝割れなど、お好みのトッピングで。


みなさん、昔々、スープというのはパンだった、ってご存知ですか!?

中世のヨーロッパではですね(以下見てきたかのように書きますが)、いつも焼き立てパンが食べられるわけではないので、当然パンはカチカチになるわけです。それをなんとか食べるために、野菜や肉を煮た汁をかけてふやかしたのがスープ=パンの始まりと言われています。パンは固いと相場が決まってた。そういえば中世じゃないけど、ハイジもおばあさんに固い黒パンじゃなくて、やわらかい白パンを食べさせてあげたい、って言ってましたもんね。

日本のお茶漬けやおじや、アジアに多い汁麺も、まぁ炭水化物をスープと一緒にパッと食べる家庭料理ですから、世界中国は変われどスープはお母さんの知恵袋、ということで。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
Website